『Supernova』について。

『Supernova』
YOSHI ROCK FESTIVAL2017みなさんのおかげで楽しく、おもしろく、笑顔で終わることができました。

今回の出演者の皆様も本気のパフォーマンスをしていただきまして感謝の言葉しか出てきません。

僕らは去年USHI ROCK FESTIVAL2016TOURで全国のライブハウスを周りました。
そのファイナルで東京で、しかもライブハウスでやりたいと思いリキッドルームをおさえました。
この1年半でたくさんのバンドの方々と合わせていただき一緒にお酒を飲ましてもらいました。
みんないい曲をやるバンドで好きになって、みんないい人でした。
その方々にファイナルに出て欲しい。そういう僕のわがままから、相方の助言もあり
USHI ROCKはYOSHI ROCKと名前を変えて新しいフェスとしてファイナルを迎えることになりました。
せっかくYOSHI ROCKになったんやったら僕しかできないことをやりたいなぁって思いだし、いろんな企画やサプライズを考えました。
みんな喜んでもらい、見てる方々も楽しんでいただいていたと思います。

その一つに“細美武士”みーちゃんに対してのサプライズがありました。

何故サプライズをしたかと言うと。
話は遡ること去年の春。
新宿アンチノックでのライブで初めてみーちゃんと会いました。
TOSHI-LOWに『今すごく仲良くしてる芸人でCOWCOWって言うんだよ、あたりまえ体操っていうのをやってて子どもとかも凄く好きで。。。』 
『芸人かなんか知らないけど、俺テレビみねぇし、大将(TOSHI-LOW)にまとわりつくそういうヤツは全部ブットバしてるから。』

正直心の中でメーいっぱい叫んだ。

『知らんやん!!!!』

もう一発

『中学生か!!!!』

これがみーちゃんとの出会い。 

そこから何回も呑んで、腕相撲もしたし(負けたけど)いろんなこと言い合った。
んで去年の暮れ。

また呑んでる時に『こないだラジオでメールが来たの、COWCOWさんをライブハウスに見に行ったらすごく面白かったって。俺は善しは芸人の中で初めて仲良くなれそうな気がする。』

んでんで、

僕がこのYOSHI ROCK FESTIVAL2017のラインナップで是非みーちゃんも出演して欲しいと思いました。
初めてのみーちゃんへのLINE。グループ(熊本地震対策)は一緒だったんだけど、個人的には初めて。
YOSHI ROCK FESTIVALというフェスをやるんだけど出て欲しい。
と言ったら。ものの3分で『おっけい、いいよ。』
の返事。そして『内容は任せるよ』の言葉。

僕は考えました。

あるサプライズ。

ELLEGARDENを“やりたい”

それはみーちゃんにやってもらうのではなく。
僕がやって驚かせたい。
んで少しだけ唄ってくれたらなぁなぁなぁ。。。(妄想)

そこから世代的にELLEGARDENを通ってない僕は(今年43歳)ELLEGARDENを聴き始めた。凄くいい。(あたりまえ)なぜあの時音楽から離れてたんだろう。しばらくしてやりたい曲が固まった。

Supernova

Make a Wish

好きな曲。もちろん他にもたくさんあったけど。

僕はTHE BLUE HEARTS以来バンドスコアというギターコードやタブ譜が載ってる本を楽器屋さんで買った。
すごくワクワクした。あの中高生の時にバンドをやってた頃の感じ。それでメンバーを集めた。

紆余曲折あってギターあやぺた(Dizzy Sunfist)ベース岡峰光舟(THE BACK HORN)ドラムたつきち(yonnayonna)最高の3人。んでボーカルギター僕。

時間はあまりなかった。メンバー決まるのにも時間はかかったし。コウシュウはみーちゃんとも近い存在ではあって本人は複雑な気持ちだけど色々と寸前までアドバイスしてくれた。あやぺたはELLEGARDENの曲を実際やってたし、この2曲も経験あり。何と言っても世代バリバリ。たつきちはツイッターでも言うてるけど“高校1年生の時、軽音楽部の先輩達がELLEGARDENを部室でかき鳴らす姿に憧れてバンドしたい!”って思ったらしい。

本番前日にスタジオに入った。バンドってやはり難しい。あたりまえやけど。特に僕だけ高校生の初めたてレベル。それに英語歌詞をみーちゃんみたくいい発音で唄うのはそれはそれは。なんとか流れはできる状態。Supernovaは歌詞をカンペで用意できればいける。Make a Wishは早くなるところでみーちゃんが出てきてくれたらもうそれで完璧。よしっ!

ただ

もう一つ5日前に事件は起きる。

NO NUKESのライブの日。ライブ終わりで下北沢『俊』にて呑んでる時。みーちゃんが

『俺、善しで一回も笑ったことねぇ。』

???

『あたりまえ体操も、このあいだのテレビでやってた『純!』って言うやつ(北の国からの田中邦衛をキャラにしたピンのネタ)も。(って言うかテレビ見てんじゃん!って思いつつも。)次のYOSHI ROCKでは笑わせて欲しい。COWCOWというコンビで』

これは困った。これは笑わせないと例のサプライズもクソもない。あえて寸前でシークレットバンドのタイムテーブルを変えて漫才の後にした。

サプライズ大作戦はこう。

①漫才でみーちゃんを笑わせる。
              ↓
②『善し面白かったよ、漫才よかった。笑っちゃった。』
              ↓
③シークレットバンドが始まる。
              ↓
④みーちゃん『何々??』
              ↓
⑤シークレットバンドSupernovaをやる。
               ↓
⑥2曲目のMake a Wishで早くなるところでみーちゃんを呼び込み唄ってもらう。
完璧。できた。

しかし事件はまた起こる。

当日みーちゃんが弾き語りでMake a Wishをやる。
やっちゃった!!
やる時があるとは聞いてたけど。
Make a Wishはもうやらない方がいいかな。と思いつつ漫才の出番が近付く。

んでまた事件。

スタンバイの時。Supernovaの歌詞カンペが紛失。ヤバイ2番が唄えないかも。不安最高潮!!!

そして漫才。

漫才はできは悪くなかった。みーちゃんは舞台袖でずっとみてくれてた。

『もうええわ』でみーちゃんのところに行った。

『面白かったよ。漫才いいよ。』

(ヤッター。これはいける。)

直ぐに僕は黒のラグランTシャツに着替えキャップをかぶった。

そしてVTRでスクリーンにタイムテーブルには無いバンド名。

『デブレガーデン』

僕がやるのでデブレガーデン。バカにしてるのでは無くシャレで。もちろん。ELLEGARDENとは言え無い。あたりまえ。

ラグランにキャップで出た僕にお客さんはなんとなく察知したらしくクス、クスと笑ってる。

『どうも!!デブレガーデンです!!』

お客さん大歓声!!

そしたら
みーちゃん
『何これ?善し?』
もう舞台に出てきちゃった。
(早!!)

『なんなのデブレガーデンって?』

『ほんとに聞いてない。』

サプライズやからね。

そして、

ぼくはいきなり言う
 
『正直歌詞のカンペも無くして困ってる。唄ってよ。細美武士!!』

『はぁ??なんで!!』

『Supernova練習して来たから唄ってよ。』

『はぁ?!お前それはエルレが復活した時の1曲目って決めてる曲。なんでこんなクソバンドでやんなきゃいけねぇんだよ!!』

(そうやったの?これは勉強不足)

※ここはみーちゃんは怒ってるのではなくずっと半笑いね。

そして

僕はギターを鳴らす

『どーぶネーズミー』

違う違う違う!!

もう僕が歌い出す。

『nothing I can do as well
But to dream her all the time
I'm a fuckup and I'm nuts so she's gone』

みーちゃんが

『今からの5分のことは忘れて』

ドラムのカウントで始まっちゃった。

みーちゃんがそこからステージダイブ。
もうそこからのことはよく覚えていない。
僕は夢中でギター弾いてみーちゃんは唄ってた。

『どうもデブレガーデンでした!!』

もう、もうちろんMake a Wishはやらなかった。

ほんとに僕はクソですよ。バンドのメンバーは最高の演奏だけど。僕はクソ。

10年の考えも知らずにこのSupernovaを選択して。

でもやらせたのは僕で、僕をクソだと思ってほんとに。

ただ僕は唄ってギター弾きたかった。ほんの少し唄って欲しかっただけ。

でもこの曲の意味知らなくてこれを知ってやな思いしたELLEGARDEN好きな方々ほんとうにごめんなさい。

昨日生で見たくなかったELLEGARDEN好きな方々も申し訳無い気持ちでいっぱいです。

でも僕もELLEGARDEN好きです。

the HIAUTASもMONOEYESもこれからじっくり聴いていこうと思ってます。

いつ来るかわからない本当の“その時”みんなで待ちたいなと思ってこれを書いています。

COWCOW善し

PS.朝の明治通りで

みーちゃん
『お前ほんとにいいヤツ過ぎてめんどくせえわ!!』
で抱き合って別れた。

YOSHI ROCK FESTIVAL 2019

COWCOW善しのイベント情報サイト